August 20, 2005

甲子園決勝戦:優勝・駒大苫小牧高校

月白、野球は正直わかりませんが。
それでも、高校野球は見ています。見ているといっても、試合を逐一逃さず見ているわけではなく。
熱闘甲子園とか、ハイライト程度ですけども(笑)
でもね、面白いんですよ。自分が中学生とか、小学生の頃なんてちっとも面白いと思わなかったですけど。
高校卒業したあたりからでしょうか。
やっぱり、自分の高校が地区予選とかに行って、応援したりなんてことがあってから、甲子園を見るようになりましたね~。一夏にかける球児の思いとか、熱闘甲子園で放送されるとつい涙してみたりとか(笑)
今年の優勝は、駒大苫小牧高校。準優勝が、京都外大西高校でした。
ちょうど居眠りをしていて、最初からは見れなかったんですよね。でも、5回あたりから見ました。
スコアは3-1で駒大苫小牧が2点リードしてました。6回か7回で京都外大西が2点追いついて3-3になりましたけど、その後すぐに駒大苫小牧が5-3でリード。また2点差がつき、そして駒大苫小牧優勝。
現在まで閉会式を見ていましたけど、いい試合だったと思うです。
決勝に勝ち進むまで、一つ勝つたびに負けてしまった相手校の気持ちを、引き継いで行くじゃないですか。そんなたくさんの人たちの思いも背負って、両校ともすんごく頑張ってた。
悔しい気持ちも、嬉しい気持ちもいっぱいして、1,2年生は来年の甲子園に向けて頑張り、そして3年生は卒業していくんだな~なんて思ったりして。
でも、卒業しても甲子園のことや、部活のことずっと心に残って大事にしてゆくんだろうな~って。
限られた学生生活の時間をひたむきに頑張れる何かを見つけて、それを頑張ったヒトを見ると、学生生活が終って何年もしてから、ふと羨ましくなったりします。
私、あの時何かに夢中になったかしら? って…。
それはあの時に戻ってやり直すことが出来ないから、尚更なんですよね(笑)

甲子園が終ると、なんだか今年も夏が終った気がしますね。
なんか、球児の皆さん今年もどうもありがとう。来年を楽しみにしています、というカンジです(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 13, 2005

【F1】英GP

しかしライコネンは凄いですね。21秒台ペースでバトンを追いかけてPITストップのタイミングでBARを簡単にパス。序盤トゥルーリのスローペースに付き合ったため表彰台は無理かな?と思ったらフィジケラのポカがあったおかげで表彰台。

イギリスGP、この記事のとおり、ライコネンが本当にすごかった。
前回の【仏GP】のブログで、後ろから追い上げて2位で、勝利への執着が凄いと、書いたけれど。
21秒台ペースでバトンを追いかけてPITのタイミングでバトンを抜かしちゃって、そして3位。
毎回、F1は何があるかわからないから、常に見ていたい。
独GPも楽しみです。

ちなみに、イギリスGPはマクラーレン・メルセデスのモントーヤが優勝、2位はルノーのアロンソ、そして3位がライコネン。
モントーヤは今季初の表彰台。本当はBARもバトンも、英国は母国だしレース前のインタヴューでも表彰台に乗りたいと言っていたけど、5位でした。残念。
しかし、BAR琢磨のスタートでのトラブルは惜しかった。
マジで惜しかったと思う。どうして琢磨は、得意だと言われているコースで、今年はトラブったり走れなかったりなんだろう。
今期ももう半分以上終わり(だったハズ)。なんとか残りのGPで成績を残してもらいたいなと思っております。

英国ロンドンでは、先日悲惨な事件があったばかりでした。
今でも、TVのニュースを見ると心が痛みます。
犠牲になった方々のご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (5) | TrackBack (2)

July 04, 2005

【F1】仏GP

フランスGP!ミシュラン勢がまたもや欠場か?!!なーんて記事も見ていたので、どうなることかとどっきどきでしたが、レースは無事開催されました(ほ)

佐藤琢磨、痛恨のコースオフ

フランスGP決勝で、ラップタイムの遅いトヨタのトゥルーリをヘアピンで果敢に交わそうとしたB.A.Rの佐藤琢磨だったが、止まりきれずにコースオフ。5番手から一気に10番手まで順位を落とす結果となった。

しかしその前にはフェラーリのバリチェッロを抜くなど、素晴らしい走りを披露。
レース後半に向けて大きな期待を抱かせている。

佐藤琢磨、本当に勿体無かった。
でも、彼の攻める姿勢が好きです。見せ場を作ってくれる走りにTVの前で釘付けです(笑)
きっと、彼がレーサーとして評価されているのも、そういう姿勢だと思う。
さて次回英GP、更に頑張って欲しいです。ちなみに、今仏GPで、佐藤琢磨は11位でした。
でも、なんだかこんなことを言うのはナンですけど…どうも、ピットインのタイミングが。
順位を落としているのは、このコースオフのせいだけではなくて、ピットインのタイミングもアリのような…うーむ(悩)気のせいかもしれないんですけど。

さて、今回優勝のルノーのアロンソ。
凄かった、自分の後を走る4位まで周回遅れにするとは…言葉が出ない。
フランスはアロンソとルノーの地元なので、すんごい気合が入ってたのはわかったけれど、それでも凄かった。
悪魔に魂を売ってしまったの?!というほどの圧勝だったんですもの。
それから2位のライコネン。
なんだか、スタートポジションは琢磨よりも後だったような気がするんですけどね。
でも、そこから追い上げて2位。挙句、最後のインタヴューで、【2位じゃ不満だよ】と言っている彼の勝利に対する執着と言うか、貪欲さに少し吃驚した。

やっぱり、F1は面白い。次回は7月10日英GPです。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

June 28, 2005

フランスGPも欠場の可能性ィィィ?!!!

ミシュラン勢、フランスGPも欠場の可能性?


ミナルディチームの代表のポール・ストッダートはFIAがアメリカGPをボイコットした7チームに対して厳しいペナルティを課すようならフランスGPとそれ以降のレースをボイコットするかもしれないと警告しているらしい。


〔F1Racing.net〕
Teams ready to boycott races
http://www.f1racing.net/en/news.php?newsID=90752

〔BBC SPORT〕
F1 teams 'ready to boycott races'
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/motorsport/formula_one/4623833.stm

〔Autosport-Atlas〕
Stoddart: Bans may Lead to Boycott
http://www.autosport-atlas.com/news.aspx?id=45246&s=5

ブログ巡りをしていて、こんな記事を発見。
それから改めて、Yahooニュースで記事を読みまして。…で、吃驚。

Σまたかよーッ?!!!

そんなイキオイです。
うう、もう米GPのようなレースは見たくない…見たくないんだよう(ううう/涙)
でも、チームに対してペナルティがあるかもなんて、FIAも酷い。
責任はやっぱり、無謀なイレギュレーションを導入したFIAと、ミシュランなのに。しかも、ミシュランは米GPでもタイヤに問題があると分かった時点で、打開策を提案していたはずだし(まあどっちにしても、レース間近だったけど)。
それを受け入れなかったFIAは、ボイコットチームを全部リタイアにしたわけで。
それはルールが適用されたといえば、そういうことなんだけど。こう、見ていたほうはなんか納得できないものがある。
なによりも、もうこの前みたいなF1は見たくないなあ…と思うわけです。
米GPでファンはがっかりしたその分、今回の仏GPに期待しているもの。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

June 21, 2005

F1 米GP。

ミシュランタイヤに問題があった為、色々な打開策がチームから提示されたものの主催者(FIA)側は認めることなく決勝のフォーメーションラップへ… そしてミシュランタイヤユーザーが採った行為は

全チーム・ピットイン


  ⇒リタイヤ

でした(--;

さっきまで、昨夜のF1のアメリカGPのビデオを観てたんですが…引用させていただいた上記のとおりです。
…といいますか、なんというか。
正直、2時間観て、シャンパンファイトまでつい観ちゃったけど…つまらなかった…(遠く)
だって、14台ボイコット!(フォーメーションラップを走行してしまったので、ピットインしたチームは全部、結果リタイアになりましたが) だって、走った6台のドライバーを見れば誰が表彰台に乗るか、なんてわかってしまう…そして結果は、寸分違わず予想通りでした(がっくり)
楽しみにしてたのになあ。
BARだって、先日色々問題があって2戦も走れなかったし、佐藤も米GPは得意なコースであるらしいから、成績を残しておきたかっただろうと思うんだよね。
ああ、残念。BAR最下位です。次GPは是非頑張ってほしいところです。
トヨタの初ポールも勿体無かったなあ…

なんだかここ最近の日記を見ていたら、本当ににゃんこと、アニメづくしだったことに自分で吃驚した(笑)
なんかもっと幅広くなろう…自分(ぐ)←体型のことじゃアリマセン<幅広

| | Comments (0) | TrackBack (2)